私の離婚体験談

興信所での調査の必要性~離婚を決意するまで

興信所での調査は必要なんだろうか、とふと思い立ちました。実際に依頼はしませんでしたが、興信所だろうが自分の手であろうが、不倫の証拠を見る作業は、筆舌に尽くしがたく、愛人には決して判らないことでしょう。だって自分は、他の女がいるのを承知で付き合っているのだから・・・

離婚を決意するまで

興信所での調査の必要性

離婚すべきかどうか、離婚したいのかどうか。

何も判断できずふわふわしていた頃、興信所で浮気調査をした方がいいのか、ふと思い立ったことがあります。

証拠は十分押さえている…と思っていました。

けれどそれは過去のことだと言われれば、それまでのことになってしまいそうで思い立ったのですが、今思えば、ただ単純に、今彼が何をしているのか、知りたかっただけかもしれません。

ある、浮気調査を専門にしている興信所へ電話してみたことがあります。

人のよさそうな、年配の女性が電話に出ました。

用件を述べると、彼女はこう言ったのです。

「奥さん。見てしまえば、それは一生傷となって残るのよ。世の中には見なくてもいいことがたくさんあって、あなたにはまだ長い人生がある。消えない傷を負って生きるには長すぎるわ。」

興信所にしてみれば、それが収益に繋がるわけですから事務的に受け付けられ、調査に着手するのだと思っていました。

よもや興信所の方からこのようなことを言われ、きちんと考え直すよう促されるとは思いもしませんでした。

後になって考えたのは、私はすでに、十分すぎるくらいの証拠を持っていたんだと思います。

実際、弁護士の先生にも、証拠集めの必要はありませんよと言われましたし。

だからこそ、これ以上何かを見る必要はないと、この方は私がこれ以上壊れないように、後の人生をきちんと歩けるように、私のために心を砕いてくださったんだと、とても感謝しています。

不倫の証拠は見つける度に、体中の血液が逆流する思いをします。

私にとって最初の衝撃は携帯のメールでした。

初めてそれを見たとき、心臓が跳ね上がり、体中が脈打っているような感覚があり、全ての音が一瞬聞こえなくなりました。

私は世界に独りきりで、どこを探しても誰も見つからないような孤独感を瞬時に感じ、全身に鳥肌が立ち、ものすごい吐き気に襲われてトイレに駆け込んだくらいです。

言うまでもありませんが、その夜は一睡もすることができず、その日から不眠に悩まされる毎日が始まりました。

調査と言うと大げさですが、いてもたってもいられなくなり、パソコンのメール、クレジットカードの明細書、机の中を初め、元夫のありとあらゆる荷物を調べ始めました。

見つける度に吐いてしまうと判っているのに、体が勝手に動くのです。

あらかたの調査らしきものを終えた頃、最後は元夫の通勤用の鞄でした。

中からスキンが出てきた時…

涙が止まりませんでした。

声は一切出ませんし、しゃくりあげるわけでもなく、ただただ大粒の涙だけがポロポロと流れ落ちました。

コンビニで売っているタイプのものです。

箱にこそ入ってはいましたが、残数はもちろん少なくて…

夫婦生活がありませんでしたので、結婚して初めてそれを手にしました。

自分がどれだけ馬鹿にされていたかを知り、一方で、夫婦生活が無いことで、彼が健康を害していたらどうしようと、さんざん悩んでいたので、彼が健康だったことを喜ばしく思ってしまった自分がまた、悔しかったです。

でも、人を愛するってそういうことなんだと思いました。


戻る 次へ