私の離婚体験談

当時の心境~離婚を決意するまで

夜な夜な眠れずに、元夫が休んだ後、私はリビングの片隅にある私用のパソコンで、当時の心境をメモにして残していました。その中でもこれは、最も眠れずにいた頃、不倫が発覚し、それが元夫に知れた頃に記したものです。こんなことをツラツラと書いていて夜を明かしていました。

離婚を決意するまで

当時の心境

よく「張り裂けそうな気持ち」と表現されますが、本当に心臓が張り裂けるような感じがします。

動悸が激しく心臓が肥大化しているような感覚があり、割れる寸前の風船のように、心臓の壁が薄くなっているんじゃないかと思うような感覚です。

そして本当に痛みます。

キューっと締め付けるような感覚が一定時間毎に訪れ、感情は脳にあるだけでなく、心臓にもあるはずだ、と思わされます。

こんな状態で眠れるはずもなく、元夫が休んだ後、私はリビングの片隅にある私用のパソコンで、思うことをツラツラと書いていました。

次の記事で抜粋で公表します。


戻る 次へ