私の離婚体験談

出会いと再婚~私のその後

正式に離婚が成立してしばらくたった頃、今の旦那と出会いました。私と同じ、配偶者の不貞行為に悩み、離婚という道を選択したそうです。離婚から4年後、私たちは再婚しました。今はとても幸せな毎日です。

私のその後

出会いと再婚

離婚から4年後に私は再婚しました。

あんなことがあったにも関わらず、結婚生活に対する恐怖心は全くありませんでした。

旦那にも離婚暦があり、理由は私と同様、配偶者の不貞行為に悩んだ末の結論です。

男性ですので多くは語りませんが、二人も娘さんが居たこともあり、私以上に悩みは深く、離婚を決意するまでの期間も私よりずっと長かったようです。

慰謝料を貰うどころか、娘さんたちのために全てを向こうに渡し、最低限の身の回りのものだけで新生活を始めたような様子です。

私の両親は、彼に子供が居ることで少し心配していましたが、私の様子から心配無用だと思ってくれたのでしょう。

結婚後、旦那から「お義父さん、お義母さん」と呼ばれたことに感動し (元夫は私の両親をお義父さんお義母さんと呼ぶことは無かったので)、今となっては、母は「婿どの婿どの」と言って (えーもちろん婿ではありません、母は、必殺仕事人シリーズの藤田まことさんが好きなようです。) 旦那にまとわりつき、父は「ちょっと手を貸してくれないかなあ」と実家に帰る度に、何かしらの大工仕事を手伝わせています。

旦那のご両親もとても素敵なご夫婦です。

特に結婚の挨拶に行った時には、お義母さんには泣かれてしまいました。

このまま息子が生涯独りかと思うとあまりにも不憫で、再婚して幸せになって欲しいと思う一方で、同じ娘を持つ親としては、離婚暦があるだけでなく、子供までいる男のところへ嫁がせるなんて許せないと思う。

あなたとあなたのご両親の決心には、申し訳なさでいっぱいだと話しつつ、こんな若輩者の私に向かって頭を下げて下さいました。

私の弟はまだ独身ですが、旦那の妹さんはすでに3人の男の子のお母さん。

お正月に一同が会した時の賑やかさと言ったら、それはそれはうるさくて(笑)、でもこの雰囲気が幸せの証なんだと思うと、新しい家族に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

これから私たちには、どんなことが待ち受けているのでしょうか。

楽しいばかりでは無いと思います。 逃げ出したくなるような辛いことも、きっとあるかと思います。

それでも私は旦那の隣で、片時も離れずに、この人生をまっとうしたいと思っています。

「一生、祐美ゆみだけだ。ずっと一緒だよ。そして今までできなかったことを一緒にしよう。」と言った、そのプロポーズの言葉の通りに・・・


戻る 次へ